お役立ちコラム

電気通信工事施工管理技士とは?

国土交通省は、平成31年度から『電気通信工事施工管理技術検定』を実施します。
この検定に合格すれば、一級又は二級の電気通信工事施工管理技士の資格を取得できます。

現在、建設業法に基づき監理技術者や主任技術者になることが認められる国家資格「施工管理技士」として、
一級建設機器施工管理技士
二級建設機器施工管理技士
一級土木施工管理技士
二級土木施工管理技士
一級建築施工管理技士
二級建築施工管理技士
一級電気工事施工管理技士
二級電気工事施工管理技士
一級管工事施工管理技士
二級管工事施工管理技士
一級造園施工管理技士
二級造園施工管理技士
がありますが、30年ぶりに「電気通信工事施工管理技士」が加わります。

30年ぶりに技術検定が新設される背景には、技術者1人あたりの工事量が増加傾向にあり、今後の技術者不足が懸念される電気通信工事業について、技術者の確保が急務とされていることがあります。

電気通信工事施工管理技術検定は、建設業許可(電気通信工事業)の新規取得や業種追加をご検討されている方にとっても非常に朗報です。

検定の詳細等につきましては、「電気通信工事施工管理技術検定について」をご参照ください。

お役立ちコラム 一覧

まずはお気軽にご相談ください。0120-997-108。受付時間 平日9:00〜18:00

当サイトは、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。なお当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。

メールで相談する 電話で相談する