お役立ちコラム

経審(経営事項審査)の審査項目について

経営事項審査の審査項目は、

 ① 経営規模の認定(X)

 ② 経営状況の分析(Y)

 ③ 技術力の評価(Z)

 ④ 社会性の確認(W)

の4つからなり、それぞれ点数化され、評点となります。

総合評定値(P)=0.25(X1)+0.15(X2)+0.20(Y)+0.25(Z)+0.15(W)で計算します。

経営事項審査の審査項目は、

 ① 経営規模の認定(X)

 ② 経営状況の分析(Y)

 ③ 技術力の評価(Z)

 ④ 社会性の確認(W)

の4つからなり、それぞれ点数化され、評点となります。


総合評定値(P) = 0.25(X1)+0.15(X2)+0.20(Y)+0.25(Z)+0.15(W)で算出します。


◆X1は経営規模を表す指標で、工事種類別年間平均完成工事高から算出します。
  完成工事高の平均年数は2年か3年かを選択します。

◆X2も経営規模を表す指標で、自己資本額と平均利益額から算出します。

◆Yは経営状況を表す指標で、
 ・純支払利息比率
 ・負債回転期間
 ・総資本売上総利益率
 ・売上高経常利益率
 ・自己資本対固定資産比率
 ・自己資本比率
 ・営業キャッシュフロー
 ・利益剰余金
 から算出します。

◆Zは技術力を表す指標で、技術職員数と元請完成工事高から算出します。

◆Wは社会的貢献度等を表す指標で、
 ・労働福祉の状況
 ・建設業の営業継続の状況
 ・防災活動への貢献の状況
 ・法令遵守の状況
 ・建設業の経理の状況
 ・研究開発の状況
 ・建設機械の保有状況
 ・国際標準化機構が定めた規格による登録の状況
 ・若年の技術者及び技能労働者の育成確保の状況
 から算出します。


各評点のうち、最もウェイトの大きい完成工事高評点X1と技術力評点Zをアップさせることが経審評点アップへの近道です。


← 経審(経営事項審査)の申請手続きについて

                            経審(経営事項審査)のX1評点について →

お役立ちコラム 一覧

まずはお気軽にご相談ください。0120-997-108。受付時間 平日9:00〜18:00

当サイトは、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。なお当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。

メールで相談する 電話で相談する