お役立ちコラム

建設工事受注動態統計調査報告(平成29年度分)について

建設工事受注動態統計調査は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。

本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成29年度分の調査結果をまとめたものとなりますのでご案内します。


29年度の受注高は83兆3,416億円で,前年比3.1%減少した。
うち元請受注高は57兆7,943億円で,同0.7%減少し,下請受注高は25兆5,473億円で,同8.1%減少した。

元請受注高は,57兆7,943億円。(前年比 0.7%減)
下請受注高は,25兆5,473億円。(同 8.1%減)

総合工事業は,52兆8,474億円。(同 1.8%減)
職別工事業は,9兆8,165億円。(同 17.7%減)
設備工事業は,20兆6,776億円。(同 2.3%増)

元請受注高のうち公共機関からの受注高は15兆9,597億円で,同2.8%減少し,民間等からの受注高は41兆8,346億円で,同0.2%増加した。

土木工事は,15兆9,710億円。(同 1.4%減)
建築工事は,36兆152億円。(同 2.2%減)
機械装置等工事は,5兆8,080億円。(同 12.6%増)


29年度の公共機関からの受注工事額は15兆3,276億円で,前年比1.8%減少した。

うち「国の機関」からは5兆3,506億円で,同3.0%減少し,「地方の機関」からは9兆9,769億円で,同1.2%減少した。


その他、詳細につきましては国土交通省HPをご確認下さい。

お役立ちコラム

まずはお気軽にご相談ください。0120-997-108。受付時間 平日9:00〜18:00
 

お役立ちコラム おのざと行政書士事務所

当サイトは、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。なお当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。Google+

ご相談専用フリーダイヤル 0120-997-108