お役立ちコラム

建築士事務所の登録について

他人の依頼に応じ報酬を得て、建築物の設計、建築物の工事監理、建築工事契約に関する事務、建築工事の指導監督、建築物に関する調査や鑑定、建築に関する法令や条例に基づく手続きの代理を行おうとする建築士は、建築士事務所の登録が必要になります。

他人の依頼に応じ報酬を得て、建築物の設計、建築物の工事監理、建築工事契約に関する事務、建築工事の指導監督、建築物に関する調査や鑑定、建築に関する法令や条例に基づく手続きの代理を行おうとする建築士は、建築士事務所の登録が必要になります。


建築物の設計から施工までをトータルに手掛けるためには、建設業許可に加えて建築士事務所の登録が必要になります。


建築士事務所には、事務所を管理する専任の管理建築士の設置が必要になります。


一級建築士事務所は専任の一級建築士が管理し、二級建築士事務所は専任の二級建築士が管理し、木造建築士事務所は専任の木造建築士が管理しなければなりません。


管理建築士になるには、建築士として3年以上設計等の実務経験を積んだ後に、登録講習機関が行う管理建築士講習の課程を修了しなければなりません。


建築士事務所登録は、事務所所在地の都道府県知事ごとになります。
法人等で支店や営業所等を設けて、そこでも設計等の業務を行う場合には、それぞれ建築士事務所の登録を受けなければなりませんのでご注意ください。


東京都の場合、新規の登録手数料が一級建築士事務所は18,500円、二級建築士事務所及び木造建築士事務所は13,500円かかります。


登録の有効期限は5年で、引き続き業務を行う方は、満了日前 30 日までに更新の登録申請が必要です。


当事務所では、建築士事務所の登録実績もたくさんありますので、

 「早急に建築士事務所の登録をしたい」

 「建築士事務所の登録と一緒に建設業許可の取得も行いたい」

という方は、是非、お気軽に当事務所へご相談ください。

お役立ちコラム 一覧

まずはお気軽にご相談ください。0120-997-108。受付時間 平日9:00〜18:00

当サイトは、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。なお当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。

メールで相談する 電話で相談する