お客様の声

株式会社グッドライフ 総務部次長 真名子様
東京都知事許可・一般建設業(内装仕上工事業、建築工事業、その他)

株式会社グッドライフ 総務部次長 真名子様との写真

「グッドライフさんは許可持っているから大丈夫だね」というふうに見てもらえるのは、仕事がやりやすくなりましたね。小野里先生との顧問契約も、こちらの業務効率が上がり、非常に助かっております。

建設業許可を取得後、顧問契約をさせていただいている株式会社グッドライフ 総務部・真名子次長へお話を伺いました。

昨年、建設業の許可申請を取得されてからいかがですか?

弊社の仕事はコンペとかになることもあるのですが、その時に、その競合(コンペの競合相手)が許可をもっていないと、「こちらは許可を持って、しっかりやらせていただいております」という最後の決め台詞が言えるのはプラスかなと感じています。

それと、メーカーさんとかに話をする時も、ちゃんと許可を取得しているということで、メーカーさんも付き合いやすいと。
こちらが元請けで請けていて、下請けとして一部をメーカーさんに作業を行っていただくような場合でも、「グッドライフさんは許可持っているから大丈夫だね」というふうに見てもらえるのは、仕事がやりやすくなりましたね。

そうなんですね。コンペというのは内装工事とかの?

はい。弊社が請けている内装工事は法人の事務所なので、その法人さんが事務所移転される時に、内装などの依頼先を色々と探されている過程で、弊社に声がかかります。
だいたい3〜4社ぐらいの内装業者にお問い合わせされているような状況ですね。
その中から、デザイン性だったり価格だったり、過去の実績とかを見ながら、お客様が依頼先を判断されますね。

その中で、許可を持っているのは1つのメリットという感じですか?

そうです。許可を持っていない会社は、土台に乗りにくいという状況になるので。そういう社会的な信頼性というか、コンペの時は特に大きな面がありますね。
競合相手が許可を持っていない場合は、そこで1歩前に出られるという感じですね。

既存のお客様への対応においては、許可を取得されてからいかがですか?

営業担当者とかが、過去のお客様をフォローする時とかに、「許可を取得しました」ということが1つのネタにはなっていると思いますね。

許可の取得後、顧問契約させていただいております。顧問契約内容についてはいかがでしょうか?

非常に助かっております。帳簿だったり、完成工事高一覧表だったりとかは、自社で元から作ろうと思ったら大変だと思うんですね。
弊社で作っている売上報告書をそのまま先生に渡すだけで、それをきちんとした形にして返していただけているのが、非常に助かっています。
こちらで工事を受注していく過程でも、大枠はネットで調べたりして分かっていることでも、細かい点で分からない部分があると、小野里先生に「こういうのはどう処理したらいいの?」と質問した時に、代わりに調べたり教えてもらえたりする点は、こちらとしてもすごく業務効率が上がりますね。

決算をする時とかでも、数字として見やすくなってくるはずなので、間違いなく作業量的なことにおいても、こちらの負担が軽減されていると思います。

ありがとうございます。

その他に、営業で「こういう案件なんだけど、どうしたら良い?」という相談があった時とかでも、顧問契約で行政書士の方がいるというのは、普段の日々の業務で「(お客様へ)間違いない回答が返せるな」という意味での仕事のしやすさやメリットがありますね。

弊社でも、御社の成長を感じられる機会が多いのは嬉しく思っております。

お互いが成長を感じられて、Win-Winになれれば良いですね。

本日は、お忙しい中お時間をいただき、誠にありがとうございました。


真名子次長との記念撮影

一覧に戻る
まずはお気軽にご相談ください。0120-913-454。受付時間 平日9:00〜18:00

当サイトは、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。なお当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。Google+