建設業許可申請Q&A
専任技術者について

解体工事業(一般建設業)の専任技術者の要件とは?

解体工事業(一般建設業)の専任技術者になれるのは、下記の者です。

(1)解体工事の実務経験が10年以上ある人。

(2)土木工事業及び解体工事業に係る建設工事に関し12年以上の実務経験
  を有する者のうち、解体工事業に係る建設工事に関して8年以上の実務経
  験を有する者。
(3)建築工事業及び解体工事業に係る建設工事に関し12年以上の実務経験
  を有する者のうち、解体工事業に係る建設工事に関して8年以上の実務経
  験を有する者。
(4)とび・土工工事業及び解体工事業に係る建設工事に関し12年以上の実
  務経験を有する者のうち、解体工事業に係る建設工事に関して8年以上
  の実務経験を有する者。

(5)指定学科(建築学、土木工学)卒業
     +
   解体工事の実務経験(高等学校及び中等教育学校の場
   合は5年、高等専門学校及び大学の場合は3年)のある人。

(3)下記の国家資格等を有する人。

 ◆建設業法
  *一級土木施工管理技士
  *二級土木施工管理技士(土木)
  *一級建築施工管理技士
  *二級建築施工管理技士(建築又は躯体)

 ◆技術士法
  *建設・総合技術監理(建設)  

 ◆建設リサイクル法
  *解体工事施工技士

 ◆職業能力開発促進法 (二級の場合は3年以上の実務経験が必要)
  *とび技能士

まずはお気軽にご相談ください。0120-997-108。受付時間 平日9:00〜18:00

当サイトは、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。なお当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。

メールで相談する 電話で相談する