お役立ちコラム

営業保証金の供託とは?

宅建業法では、消費者保護の観点から不動産取引の相手方が損失を受けた場合に、その損失を弁済できるようにするために営業保証金の供託が義務付けられています。

宅建業法では、消費者保護の観点から不動産取引の相手方が損失を受けた場合に、その損失を弁済できるようにするために営業保証金の供託が義務付けられています。


営業保証金(供託額)は、
*主る事務所(本店)・・・1000万円
*従たる事務所(支店)・・・500万円
になります。
従たる事務所を複数設置する場合は、設置する事務所分必要になります。


起業してすぐに1000万円を用意するのは大変だと思います。
そのような方は、保証協会に加入する事(弁済業務保証金分担金を納付し保証協会の社員となる)で営業保証金の供託を免除できます。


←「専任の取引士とは?」                          「保証協会とは?」→

お役立ちコラム 一覧

まずはお気軽にご相談ください。0120-997-108。受付時間 平日9:00〜18:00

当サイトは、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。なお当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。

メールで相談する 電話で相談する